HOME > ブログ > アーカイブ > その他

ブログ その他

シマリスくん



こんにちは!
アシスタントのエルです!


今日は最近新しく家族に加わった子を紹介
したいと思います( ˙꒳​˙ )

家族といっても人ではありませんが、、、

それでは早速!!ドン!!!

458476.jpg


シマリスくんです!

どうです?

可愛いでしょう(*´-`*)

身近で飼ってる人は少ないと思いますが
見てるととっても癒やされますよcatface

35878956.jpg

両手で器用に食べる姿がなんとも愛らしいheart04

シマリスくんは毎年春先にしか販売しないらしいので
気になる方は来年ペットショップにお立ち寄りください。

98752.jpg

ただ飼育はとても大変みたいです、、、

売り込まれてる?AO&Hanaleにご来店されるお客様へ

こんにちは!久々の更新になってしまいましたHanaleのボッチです(^^♪

皆さんは雪の影響大丈夫でしたか?

僕は元々スノボをしていた為、雪に大興奮でしたが積もり具合を見てはしゃいだ自分を後悔しました(笑)

さて、今回のテーマですが皆さんは美容室で一度は聞かれたことありませんか?

「今日トリートメントいかがですか?」
「このケア商品いいですけど、いかがですか?」

この美容師からの提案に「これって売り込まれてるのかな?」そう思われる方も多いと思います。

では何故?僕ら美容師が、トリートメントやケアをお伝えするのかを今回のテーマにしたいと思いますconfident

結論から言えば、

お客様の髪を綺麗にしたいし、それを維持してほしいから

これに尽きますpaper

綺麗事と思われる方もいらっしゃると思いますが、僕自身の考えをお伝えさせて下さい。

僕にとっての美容室でのトリートメントやお家でのケア商品とは、

「僕の技術で足りない物を補ってくれるもの」

カットやカラーやパーマでダメージ抑えてヘアスタイルを創ることには自信がありますが、
髪を修復することは、僕自身の技術ではどうしてもできませんsweat02

出来ても傷んで見えないようにが限界です。。

だから、トリートメントやケアのお伝えをしていますconfident

目の前のお客様を綺麗にする責任がある以上、僕らも必要なものをご提案していますflair

テキトーな物を提供しないために知識の勉強もしていますhappy01

ですので、売り込まれてると思わずに少しだけ聞いていただけると幸いですshine

髪をキレイにする方法を是非ご相談ください!

これからもお客様のキレイの為に尽力させていただきますhappy02

ボッチ(小久保)でした(^^♪


次回予約のすすめ☆

こんにちは!

先日の定休日に17時に古河を出発して、19時から3時間飲み会をして0時に古河に帰ってきました。。(笑)

Hanaleのボッチです(^^♪

飲んで電車に乗るのは嫌だなと再確認しました( ;∀;)

IMG_0982.jpg

さぁさぁ、今回はAOでもHanaleでも実施している「次回予約」について少し書かせていただきます。

皆様は美容室に来るペースはどれくらいでしょうか?

月に一回?
二ヶ月に一回?
三ヶ月に一回?

人それぞれですよねconfident

今回は一番多い二ヶ月に一回のパターンで書いていきますねshine

二ヶ月に一回の場合、年間で美容室に来る回数は6回になります。

一年365日のうち6日間は美容室でお手入れ、残りの約360日はご自宅でご自身でお手入れしていただくことになります。

こう考えると一年で美容室に来る日ってかなり少なく感じませんか?

AOもHanaleも「お客様に365日キレイでいていただきたい」

そんな想いを持って関わらせて頂いておりますconfident

その為、今回のヘアスタイルが一ヶ月後、二ヶ月後にどう変化していくのか?

キレイなヘアスタイルをキープする為にはいつ頃が次回の目安か?

ヘアスタイルの賞美期限をお伝えさせて頂いておりますflair

つまり、僕ら美容師がお客様のキレイを守る責任として次回予約の促しをしていますhappy01


こんな経験はありませんか?

「先週までいい感じだったのに、急にやりにくくなった!」

「行こうと思った日に予約が取れなかった・・」

「担当スタッフが休みだった。」

などなど

美容室の予約は、行こうと思ったタイミングで予約が取れない場合、週単位で予定がずれる方がほとんどですsad

決まらない髪で一週間過ごすのって辛くないですか!?

次回予約を取っていれば、そこに合わせて他の予定も組めますwink

予定が入ったから美容室行かなきゃsweat01っていうスタンスから、

この日は美容室だから、その後どこに行こうかなhappy01

そんな余裕のあるスタンスに変えてみてはいかがですか?confident


お客様のライフスタイルを豊かにするお手伝いを僕たちは精一杯やらせていただきますsign03


ボッチ(小久保)でした(^^♪






こ、これは

IMG_20170605_122040.jpg

ふと外を眺めていたら竜巻?が起きてました

2メートル程の木が吹き飛んでました・・・・


以上です笑

卒業式

 
こんにちは(*^▽^*) 寒くなったり暖かくなったりとだんだん春が近づいてますね(=゚ω゚)ノ

今年卒業式を迎えられた皆さんおめでとうございます!!

AOにもたくさんの卒業を迎えられたお客様が来てくださいました。(^◇^)

IMG_3925.jpgIMG_3947.jpg

スタイリストへ向けて


みなさんこんにちは!!

エルこと山崎です( ̄^ ̄)ゞ


AOに就職してもうすぐ4年目に突入しようとしています。

4月から新卒の子も入ってくるので一番下っ端ではなくなるんです!!

先輩という立場になるんです!!

そう!ついに追われる立場になるんです!!


ということで、カットの練習に励んでいるのですが。
この間カットの第一段階のテストを合格しました(*´∀`*)

image50.jpg

まだまだ突き詰めるところはたくさんありますが
この調子でどんどん成長していきたいと思います\(^o^)/

花粉症

 
こんにちは(*^-^*) みなさんは花粉症ですか?

今年はなんと平年の4倍!!だそうです。(●´ω`●)聞いただけで目や顔が痒くなりますね。

花粉症って目のかゆみや鼻水・くしゃみといった症状が思い浮かびますが

実は頭皮や髪にも花粉は影響を与えています。

アレルギー反応があると血液の循環が悪くなってしまうので

抜け毛などの頭皮トラブルが出てきてしまいます。

そこで頭皮や髪を守るヘアケアの方法を紹介します。

長い髪の人はまとめ髪にする・帽子を被る・帰宅したら早めのシャンプーを

かゆみのある時は優しく頭皮を傷つけないように洗いましょう。

パサついた髪には花粉がつきやすいのでトリートメントで保湿をして

乾燥を防いで快適に過ごしましょう\(^o^)/

    IMG_3885.jpg


坂口健太郎



こんにちは!エルです!!

タラレバ娘で話題の坂口健太郎

金髪マッシュと言えば坂口健太郎
なりつつありますよね、、、


でも!AOにも居るんです。
金髪マッシュが(`・ω・´)

そう!エルこと山崎です!

image16.jpg

容姿は違えど髪色と髪型だけは
坂口健太郎になってやろうと思います。


間違ったヘアケアしていませんか?(2)

前回に引き続き第2弾

ホームケアについてお話させていただきます。



シャンプー1日に何回してますか?

頭皮についた汚れを放置していると、毛穴に汚れが詰まってしまい髪の成長の妨げになります。
だからと言ってシャンプーをしすぎてしまうのもよくありません。

シャンプーは1日1回が理想です。

シャンプーをしすぎて頭皮の脂をとりすぎてしまうと、乾燥の原因になります。
ある程度の脂を残しておくのも大事なんです!

髪に必要な成長ホルモンは、夜22時~午前1時に多く分泌されます。
この時間までに、頭皮がキレイな状態になっている人の方が
頭皮や髪のトラブルを抱える率が低いそうです。


最近、髪型変えましたか?

いつも同じ位置で結んだり、きつく結んだりを続けるのはあまりよくありません。
位置を変えてみたり、分け目を変えて頭皮にストレスになるような事は控えましょう。


1回の間違いなら髪や頭皮に大きな影響はと思いますが、
間違ったやり方で悩みを自分でつくってしまうのはもったいないです。
不安なことや今更聞けないこともどんどん質問してみてください!



AOの食器たち


こんにちは!

エルです\(^o^)/

今日は来店していただいたことのある
お客様なら、一度は見たことがあるだろう
食器たちを紹介したいと思います!!


image30.jpg

image31.jpg

image32.jpg

AOではドリンクによって
数種類の食器を
使い分けています(´Д` )←ドヤ顔

コーヒー、紅茶、
ハーブティー、お茶、などなど

ドリンクの種類が豊富なので
おのずと食器の数も増えてくるんです、、、

もちろんホットとアイスどちらもご用意できますので
その時の気分に合わせていろいろ選べちゃいます♡笑

そして僕も最近気づいたのですが
コーヒーカップのここ

image33.jpg

猫ちゃんになってるの知ってましたか??
AOでこのカップを使う機会があったら
ぜひ見てみてください!!




12

« 趣味・マイブーム | メインページ | アーカイブ | Writer »

このページのトップへ