Information

セルフカラーのお客様へストレートをするということ

最近更新のペースがダウンしております(-_-;)

ここ最近はお祭りや花火が多いせいか浴衣の着付けやセットの方が沢山ご来店されていますね!(^^)!


暑さに負けないように気合を入れて頑張ります!!


ではいきます!!

I012185738_349-262.jpg

今回は初めてご来店いただいたお客様。

セルフカラーをされています。

しかもかなりの頻度で・・・

写真ではわかりにくいですが明るい所と暗い所があり、かなりムラになっております。
縮毛矯正やストレートパーマの場合、髪質、ヘアダメージ、癖の強さに合わせて薬剤のパワーを調節して塗っていきます。

強すぎてもダメージしすぎてしまいますが、かといって弱すぎても癖が伸びません(汗)

健康な髪はストライクゾーンが広いのでそこまで難しくはないのですが、

ダメージが大きいほどストライクゾーンがせまくなり、針の穴を通すようなコントロールが求められます。

さらに今回のように色のムラがある(ダメージのムラがある)と全体をきれいに伸ばすのは非常に困難に
なります。 ぶっちゃけほぼ無理です(爆)


そして毛先15センチ位はいわゆるビビり毛(ダメージが限界を超えてジリジリの状態)
ビビり毛になってしまうともうどうすることもできないので切るしかありません。

なので通常はお断りさせていただくケースです。

I012185730_349-262.jpg

今回の場合は毛先のダメージは切ってもいいとのことだったのと、

今よりも少しでも癖が改善されればいいとのことでしたのでやらせていただきました。

結果的にはだいぶ癖は改善されて扱いやすくなりました!(^^)!

(この後毛先のビビり毛はカットさせていただきました)



セルフカラーは安くて手軽にできて大変便利な面もありますが、ロングの方は均一にきれいに染めるのは
非常に高度なテクニックが必要とされます

自分じゃほぼ無理かも・・

そしてパーマや縮毛矯正の仕上がりに大変な影響を及ぼします

もしパーマや特に縮毛矯正を考えている方はセルフカラーをしないほうがいいです。

逆にすでにかかっている方もしないほうがいいです。

どうしてもしなければならないときは担当の美容師さんに相談してみてくださいね!