Dr.カラー

トリートメント成分の高いカラー
湿気で広がりやすい髪の毛も落ち着いてまとまります

Dr.カラー
3つの特徴

その1

もはや『髪の治療』

髪の主成分であるケラチン(タンパク質)を最高濃度(通常の4~7倍の20%)の状態で使用し、アルカリゼロの弱酸性ヘアカラー(ヘアマニキュアではありません)の反応を利用し発色と同時にケラチンの毛髪内部への結合を可能にした新しいトリートメントシステムです。

その2

毛先と根元で変える2種類のカラー剤

新しく生えてきた髪(根元部分)は通常のアルカリカラーを使用します。(髪を明るくするにはアルカリは必要なので)毛先はダメージレスの酸性カラーを使用するのでトーンキープかトーンダウンとなります。

その3

サロン施術×ホームケア

処方箋(ホームケア)としてケラチン自体が洗浄成分になっているシャンプーを組み合わせる事で質感をずっと保ち続けることができます。このメニューとホームケアを組み合わせたシステムがDr.カラーです。

Dr.カラー メニュー

Dr.カラー(トリートメント+ホームケア)
カラー料金に +3,000円